ホーム > 変容するベトナムの社会構造<社会科学研究叢書>

変容するベトナムの社会構造<社会科学研究叢書> 19 新刊

ドイモイ後の発展と課題

変容するベトナムの社会構造<社会科学研究叢書>

経済、都市化、人口変動、農村の社会的構成、葬送文化、教育など、様々な視点でベトナムの現状を見つめ、今後の課題を考察する。

著者 佐藤 康一郎 編著
宮嵜 晃臣
グエン・ディン・クー
チャン・ティ・ニュン
ダン・ティ・ビエット・フォン
ブイ・クアン・ズン
嶋根 克己
大矢根 淳
嶺井 正也
村上 俊介
ファム・ティ・トゥ・ザン
ジャンル 政治
経済
社会
シリーズ 社会科学研究叢書
出版年月日 2017/03/15
ISBN 9784881253137
判型・ページ数 A5・260ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 グローバル資本主義の変容とベトナム工業化
第2章 消費市場としてのベトナムの可能性と課題
第3章 ベトナム社会の人口変動と持続可能な発展への影響
第4章 ボランタリー・アソシエーションからみたベトナム農村における社会的空間構成
第5章 変貌するベトナムの葬送文化
第6章 ベトナムの都市化と居住環境構制―ドラスティックな変容の実相を読み解く視角
第7章 ベトナムの教育改革―教育内容・方法改革とインクルーシブ教育導入を中心に
第8章 ドイツのベトナム人旧東ドイツの契約労働者たちの軌跡

このページのトップへ

内容説明

ベトナムは、1989年頃よりドイモイ政策の成果が上がり始め経済成長を遂げている。本書は、経済、都市化、人口変動、農村の社会的構成、葬送文化、教育、欧州における旧契約労働者など、様々な視点でベトナムの現状を見つめ、今後の課題を考察する。

このページのトップへ