ホーム > お知らせ(イベント情報)

お知らせ(イベント情報)

小局の加盟する、大学出版部協会の創立55周年を記念して、

『編集者が書評したい[学術書]』フェア
が開催されます。

 期間:2月10日(土)〜3月11日(日)
 会場:東京堂書店神田神保町店
     *東京都千代田区神田神保町1丁目17
      営業時間 10:00~21:00 (日・祝は20:00まで) 
 

 加盟28大学出版社の新刊書と、編集者がセレクトしたオススメ本が並びます。
 編集者がセレクトした自社本とそれに合わせて読みたい他社本には、
 それぞれ140文字の書評をPOPでご紹介します。

 【「書評賞」企画にご参加ください!】
 ご来店されたら「本を読みたくなった書評」の出版社を選んで投票してください。
 一番投票数の多かったものを「書評賞」に決定し、
 3月1日(木)より売り場レイアウトを大きく展開します。
 
 また、ご投票いただいたお客様の中から抽選で10名様に
 1,000円の図書カード&協会オリジナルそえぶみ箋をプレゼントいたします。
 
 あなたの投票で書店レイアウトが変わるかもしれません。
 是非ご参加ください!
 

         大学出版社の学術書との出会いで、
        新たな教養を広げてみませんか?

    皆さまのご来店&投票を心よりお待ちしています。

このページのトップへ

大学出版部協会の一因として、下記イベントに出展いたします。

「築地本マルシェ」
 2月17日(土)・18日(日)10:00-18:00

 “読書の楽しみ再発見!”をテーマに、出版社ブースでは各社厳選の本を
 読者謝恩価格で展示販売いたします。
 是非、お越しください!

 ※18日(日)14:00~15:00
  大学出版部協会企画:鼎談「学術書を読む–「専門」を超えた知を育む」開催
   
農環研上席研究員 三中信宏氏/春風社 三浦 衛氏他
   (定員50名:下記リンクより事前申込必要)

 
その他、講演・対談・ビブリオバトルなど、読書に関するさまざまなプログラムが開催!

会場:ベルサール汐留(東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル地下1階)
  
 入退場自由。
    ※イベント参加には事前申し込みが必要です。


詳細・お申し込み・お問い合わせは、朝日新聞社メディアビジネス局「築地本マルシェ」係へ。

朝日新聞DIGITAL 築地本マルシェ http://www.asahi.com/ad/honmaru/

ブック・アサヒ・コム 築地本マルェ http://book.asahi.com/booknews/info/event/

このページのトップへ

専修大学生田校舎にて行われる、専修大学ホームカミングデー2017および学園祭「鳳祭」にあわせて、

日髙義博理事長著『読書と人生』の販売を行います。

是非、お越しください。

 

  【概要】

  11月4日(土) 10時00分~15時00分

  生田校舎 9号館5階学生食堂CABIN内にて

  ※特別販売価格680円での販売です。


 ◎ホームカミングデー詳細(専修大学HPより)
  https://www.senshu-u.ac.jp/news/20171005-06.html
 ◎鳳祭詳細(鳳祭実行委員会HPより)
  http://ohtori-senshu.com/

関連書籍はこちら

このページのトップへ

専修大学生田校舎にて行われる、専修大学ホームカミングデー2016および学園祭「鳳祭」にあわせて、

『大学生、限界集落へ行く 『情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクト』

 (専修大学経営学部森本ゼミナール編)を販売いたします。

是非、お越しください。

 

  【概要】

  11月5日(土) 10時00分~15時00分

  生田校舎 9号館5階学生食堂CABIN内 専大グッズ販売所にて

  ※特別販売価格:1,500円(本体価格のみ)での販売です。

  ※同時に、日髙義博理事長著『読書と人生』も特別販売価格680円にて販売します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

専修大学生田校舎のある、川崎市多摩区にて行われる「多摩区民祭」にて、

『大学生、限界集落へ行く 「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクト』

 (専修大学経営学部森本ゼミナール編)の販売が決定しました。

是非、お越しください。

 

  【第39回多摩区民祭】

  10月15日(土) 9時30分~15時00分

  川崎市多摩区 生田緑地内にて

   *多摩三大学連携のブースにて販売します。

    特別販売価格:1,500円(本体価格のみ)での販売です。

 

   *多摩区民祭の詳細は ⇒こちらから 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

昨年に引き続き、大学出版部協会加盟の出版会が出展する「大学出版部協会フェア」を実施します。

 

生協組合員の方は、全点20%OFFです。是非、足をお運びください。

 

 ※広島大学生協北1コープショップ 1月5日(火)~2月15日(月)

このページのトップへ

 

以下の各大学生協にて、大学出版部協会加盟の出版会が出展する「大学出版部協会フェア」を実施します。

 

生協組合員の方は、全点20%OFFです。是非、足をお運びください。

 

早稲田大学生協 コーププラザブックセンター 10月26日(月)~11月20日(金)

北海学園大学生協 10月26日(月)~11月27日(金)

首都大学東京 南大沢購買書籍部 11月1日(日)~12月末

 

このページのトップへ

小局が所属する、大学出版部協会の共同主催によるフォーラムのお知らせです。

 

第17回図書館総合展フォーラム

『海を渡る日本の“学術書”―北米研究図書館の電子化報告を受けて―』

 

北米において日本研究を支えている「日本研究図書館」は、それぞれの大学図書館に附属し、長い間、日本語資料を収集、分類、保存、提供してきたが、この日本研究図書館もまた昨今のデジタル化のなかでその対応をせまられている。とはいうものの、同じアジア研究の分野でも、大量の電子学術書へのアクセスが可能となっている中国語、韓国語のコレクションと比較して、日本語学術書の電子コレクションはまだ少ない。一方、いちはやく英文図書の電子化にとりくんできた北米研究図書館(本館)では、これまでの10数年の経験に基づいた、reviewの時期を迎えているという。

本フォーラムでは、北米の日本研究図書館で長く勤務されている野口幸生氏をお招きして、日本の関係者との討議を行う。コロンビア大学図書館(本館)の電子化の経験と反省を踏まえ、ご自身が勤務される日本研究図書の課題についてお話いただく。そうした経験と反省と課題を、日本語学術書の電子化に携わる関係者と共有しながら、その展望を探る。

 

2015年11月12日 (木) 10:30 - 12:00

『第17回図書館総合展』展示会場内

登壇者

 基調講演 : 野口幸生 コロンビア大学C.V.スター東亞図書館

 パネリスト : 永﨑研宣 人文情報学研究所

 パネリスト : 田中政司 ネットアドバンス ビジネスセンター センター長

 パネリスト : 井村寿人 勁草書房 代表取締役社長

 コーディネーター : 橋元博樹 東京大学出版会営業局長

 

主催:人文会、一般社団法人大学出版部協会、歴史書懇話会

 

【フォーラムのサイトと申し込み・問い合わせ】

http://www.libraryfair.jp/forum/2015/1885

 

 

このページのトップへ

小局は、11月10日(火)~12日(木)まで、パシフィコ横浜で開催される『第17回図書館総合展』に出展します。

大学出版部協会ブースでの出展となります。

当日は、小局の書籍を展示いたします。是非足をお運びください。

 

詳細は下記をご覧ください。

http://www.libraryfair.jp/

 

このページのトップへ

小局が所属する、大学出版部協会の共同主催による講演会のお知らせです。

 

講演会【対話で拓く未来への知】品川 de 秋の大学トーク

◎日時:2015年10月17日(土)13:30~16:30(開場13時)
◎会場:京都大学東京オフィス JR品川駅港南口徒歩2分

 マイノリティや障害者,外国人への排他的な言動が,この10年来,インターネット上のみならず,公然と路上で叫ばれるのは大変心痛む状況です。しかし,生物としてのヒトという観点に立った場合,こうした問題はもともと非常に危うい基盤の上にあります。生物学的な知見に基づけば,ヒトは,もともと偏見や差別意識を持ちやすい心を持っているからです。このことは,昨今の心痛む状況も,この時代の特別の動きというよりはどの時代にあっても共通な事柄であり,それを乗り越えるには,単に「偏見や差別はいけない」と教えるだけでない努力と工夫が要ることを教えてくれます。心理学,障害学,社会学の第一線で研究・活動してきた研究者が,最新の研究に基づいて活発に議論することで,実践的な方策を探っていきます。

◎演 題:
  冒頭挨拶・・・・・・山極寿一(京都大学総長)

  見えない偏見 ――障害者を取り巻く問題に現れる心の働き
    栗田季佳(三重大学教育学部専任講師)
  バリアフリーという挑戦 ――「社会を変える」ことは可能か
    星加良司(東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター専任講師)
  「生きることを調べる」を生きるとは
    岡原正幸(慶應義塾大学文学部教授)

  討論:対立を乗り越える大学の挑戦

■ 参加費:無料(要事前申込)
■ 定 員:100名

■ お問い合わせ・申込先:
  一般社団法人京都大学学術出版会シンポジウム掛
  電話075-761-6182 FAX075-761-6190
  Email sympo@kyoto-up.or.jp (件名に「大学トーク参加」とご明記ください)
  ※お申込みの際には,お名前,ふりがな,年齢,職業・学年,電話,Emailアドレスをお伝えください。

主催 京都大学,京都大学学術出版会,東京大学出版会,慶應義塾大学出版会
   大学出版部協会,活字文化推進会議
後援 読売新聞社・読売教育ネットワーク

 

【大学出版部協会のサイト】

http://www.ajup-net.com/20151002_0356056281.html

このページのトップへ

小局は、7月1日(水)~4日(土)まで、東京ビッグサイトで開催される『第22回東京国際ブックフェア』に出展します。

大学出版部協会ブースでの出展となります。

当日は、小局の書籍を販売いたします。是非足をお運びください。

 

詳細は下記をご覧ください。

http://www.bookfair.jp/ja/

 ※大学出版部協会のブースは、西1ホールです。

このページのトップへ

川崎市多摩区内の3大学(専修大学、明治大学、日本女子大学)と多摩区による協定締結10周年を記念して、専修大学にて「知的探訪」を、下記のとおり実施します。

小局刊行の『日本語の風景』を基に行なわれる講演会です。是非ご参加ください。

                           記

 

実施日時 2015年7月4日(土)10:00~11:30

場   所 専修大学生田キャンパス10号館

内   容

  (1)公開講座:『日本語の風景~文字はどのように書かれてきたのか~』

    講師:齋藤 達哉(文学部教授)

      ※当局発行の『日本語の風景 ~文字はどのように書かれてきたのか』に沿って

        講演する予定です。

  (2)展示公開講座の内容に関係する古典籍などを特別会場(図書館研修室)に展示

  (3)ギャラリートーク講師が特別に展示する古典籍などを解説

定   員

(1)250人(抽選)、(3)20人(抽選)

申込方法等の詳細については、下記サイトをご覧ください。

 

詳細はコチラ 

http://www.city.kawasaki.jp/tama/cmsfiles/contents/0000067/67249/h27_tanbou_senshu.pdf

 

問い合わせ

専修大学企画課「知的探訪」係 044-911-1252

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ