大学生、限界集落へ行く

都会の学生が住民43人の「限界集落」活性化に手探りで挑む。

 
大相撲行司の房色と賞罰

大相撲行司について軍配を支える所作や房振り、軍配の房色、行司の階級の昇降や賞罰などを様々な文献・資料や取材をもとに考察する。

 
社会の「見える化」をどう実現するか <社会科学研究叢書>

福島第一原発事故を取り上げ、日本社会における「情報」をめぐる課題を「公開」と「秘密」、二つのテーマで考える。

 
抑圧と余暇のはざまで

いかにして芸術を社会学的に分析することができるのか。「社会の反映」として、または「社会の外側」にあるものとして考察する。

 
行基論

奈良時代の高僧・行基。膨大な先行研究を踏まえた上で行基とその弟子の思想に焦点をあて、大乗仏教自覚史の萌芽期をあきらかにする。

 
戦前期日本の食品衛生問題

明治から戦前期にかけて日本の食品衛生史、衛生行政の展開や衛生組合の活動を概観。衛生観念はどのように意識されていったか。

 
雇用形態を理由とする労働条件格差是正の法理

日本と韓国の非正規雇用労働者の現状と、関係する法律について検証、差別的処遇の禁止に関する法制を検討する。

 
秦漢時代における皇帝と社会

中国古代の皇帝制度の形成。皇帝支配の正当性についての問題とその質的な転換とは。

 
英国における拠点大学のスポーツ戦略

オリンピック遺産を活用しビジネス戦略を行う英国ラフバラ大学のトップスポーツ研究を考察。欧州スポーツ組織の招致戦略にも言及。

 
改訂版 知のツールボックス

ノートの取り方、資料の探し方、レポートの書き方、文章読解…学習・研究の必須事項を解説した、大学生のためのハンドブック決定版。

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
RSS

新刊情報

大学生、限界集落へ行く

大学生、限界集落へ行く

都会の学生が住民43人の集落活性化に挑む

 
大相撲行司の房色と賞罰

大相撲行司の房色と賞罰

大相撲行司を文献・資料や取材をもとに考察

著者:根間 弘海
 
 
ブランド発展史

ブランド発展史

ブランドの総合的発展史の研究書。

著者:梶原 勝美
 
社会の「見える化」をどう実現するか <社会科学研究叢書>

社会の「見える化」をどう実現するか <社会科学研究叢書> 18

福島第一原発事故を巡る「情報」とは。

著者:三木 由希子 編著
山田 健太 編著
 
 
行基論

行基論

行基とその弟子の思想に焦点をあてる。

著者:角田 洋子
 
戦前期日本の食品衛生問題

戦前期日本の食品衛生問題

日本の衛生観念意識の変遷など。

著者:郭 鋒
 
 
抑圧と余暇のはざまで

抑圧と余暇のはざまで

芸術を社会学的に分析することができるか。

著者:矢崎 慶太郎
 
秦漢時代における皇帝と社会

秦漢時代における皇帝と社会

中国古代の皇帝制度の形成について。

著者:福島 大我
 
 
雇用形態を理由とする労働条件格差是正の法理

雇用形態を理由とする労働条件格差是正の法理

日本と韓国の非正規雇用労働者の現状。

著者:李 羅炅
 
神兵隊事件 別巻四 <今村力三郎訴訟記録45>

神兵隊事件 別巻四 <今村力三郎訴訟記録45>

神兵隊事件の「被告人尋問調書」を収録。