ホーム > 根間 弘海

根間 弘海

名前 根間 弘海
カナ ネマ ヒロミ
 

プロフィール

昭和18年(1943年)生まれ。専修大学名誉教授。専門は英語音声学(音韻論)。趣味は主として相撲とユダヤ教の研究。英語テキストと相撲に関する著書は共著を含め、本書で91冊目となる。相撲では『ここまで知って大相撲通』(グラフ社)、『SUMOキークエスチョン258』(岩淵訳,洋販出版)、『大相撲と歩んだ行司人生51年』(33代木村庄之助と共著,英宝社)、『大相撲行司の伝統と変化』(専修大学出版局)、『大相撲行司の世界』(吉川弘文館)、『大相撲行司の軍配房と土俵』(専修大学出版局)。英語では『英語の発音とリズム』(開拓社)、『英語はリズムだ!』(創元社)、『リズムに乗せれば英語は話せる』(創元社)、『こうすれば通じる英語の発音』(ジャパンタイムズ社)などがある。

このページのトップへ

著作一覧

大相撲立行司の軍配と空位

大相撲立行司の軍配と空位

7つの論考からなる大相撲行司研究本。

著者:根間 弘海
 
大相撲行司の房色と賞罰

大相撲行司の房色と賞罰

大相撲行司を文献・資料や取材をもとに考察

著者:根間 弘海
 
 

このページのトップへ