ホーム > お知らせ > 『大学生、限界集落へ行く』の活動が「食生活ジャーナリスト大賞」を受賞しました

『大学生、限界集落へ行く』の活動が「食生活ジャーナリスト大賞」を受賞しました

『大学生、限界集落へ行く 「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクト』

の編者、経営学部森本祥一准教授とゼミ学生が

「第1回 食生活ジャーナリスト大賞」食文化部門を受賞しました。

 

受賞理由は「食生活ジャーナリストの会」のホームページをご覧ください。

http://www.jfj-net.com/6477

 

 

※森本ゼミナールでは、今なお定期的に辻又を訪れ、さまざまな活動を行っています。

 活動状況は、Facebookにて「新潟県南魚沼市辻又地区活性化プロジェクト」として報告しています。是非ご覧ください。

このページのトップへ

関連書籍

大学生、限界集落へ行く

大学生、限界集落へ行く

都会の学生が住民43人の集落活性化に挑む

 
 

このページのトップへ